【どっちがいい?】吉本NSC VS NSC以外の養成所「そろそろ決着をつけようやないかい」

ハイどーーもーー!今日カラスに二度見されたもんじです♪

 

あなたが芸人になりたい!と、思ったとき

真っ先に思いつくアルファベット3文字

そう

 

 

N S C

 

 

今回は、その言わずと知れた
天下の吉本興業が運営しているお笑い養成所NSC(ニュースタークリエイション)

実際、無遅刻無欠席で一年間通学した私

お笑いを目指す上で避けては通れない

 

NSCに行こうかしら問題

 

じゃなにかい、それ以外の養成所では売れないのか問題

 

良い点悪い点を踏まえてVS形式でだしおしみなく解説していきたいと思います。

 

 

広告

お笑い養成所と言えばNSC

吉本興業が運営しているNSCといえば

大阪校からダウンタウン・ナインティナインや

東京校からは品川庄司・オリエンタルラジオなど

今のお笑い界の顔ともいえる芸人を多く輩出している

養成所=NSC

と言えるほどの学校です。

 

そして、スクールJCAワタナベコメディスクール松竹芸能タレントスクール など
NSC以外の養成所もあります。

 

ですが、NSCの存在があまりにもデカすぎて

今回は『それ以外の養成所』は、

もうひとくくりにしてお話しをします!

 

広告

NSCは鈴蘭高校

NSCがどれくらい別格なのか、

分かりやすく漫画『クローズ』に例えると

NSCは、各学校の番長がこぞって集まる鈴蘭高校です!


鈴蘭高校といえば、全国喧嘩自慢自分の腕っぷし一本で天下を狙いに集まってくるカラスの学校です。

 

一応それ以外の養成所もクローズで例えてみると…

松竹芸能タレントスクール =鳳仙学園 (古くから鈴蘭の最大の対抗勢力)


ワタナベコメディスクール =黒咲工業 (個性の強いメンバーが揃う)


スクールJCA =焚八商業  (総合力より確実な実力者が揃う)


マセキ・タレントゼミナール=河田第二高校


太田プロエンタテイメント学院=百合川南高校


サンミュージック・アカデミー=竜胆高校


決して弱いわけではないが

どうしても
鈴蘭に比べると”それ以外の養成所”と言わざるをえない、
それくらい、NSCの存在は別格なんです。

 

芸人なら全員読んでる伝説の漫画↓↓↓

 

広告

NSCの良い所・悪い所

では、先行
鈴蘭高校ことNSCから

何がそんなに魅力的なのか、僕なりに挙げてみようと思います。

《良い所》
●同期が多いため切磋琢磨し合える環境

●比較的同期のレベルが高いので自分のクオリティも上がる(人もいるw)

●講師が第一線の作家さんだから今の時代での売れさせ方を知っている

●校舎が綺麗

●在学中に認められれば(=首席)卒業後のスタートダッシュをきれる(力を吉本は持っている)

こう見るとNSCが圧倒的にいいように見えるが、上記の利点は裏を返せば欠点にもなりえます。

どういうことかというと↓

《悪い所》
●同期が多いということはライバルが多いということ

●全国からの面白人間が集まってくるから高い実力が求められる

●講師のレベルが高い分見切られるのも早い。優しくない。

●在学中に首席の位置にいないと一気に埋もれてしまう

●遅刻や欠席などにとにかく厳しい!!日本一厳しい養成所と名高い。すぐに退学になる

このように、良い所と悪い所は表裏一体です

覚悟しておいてほしいのは
NSC側は決して「さー、みんなで頑張って売れようね♪」ではないのでそこは肝に銘じててほしいです!

完全に崖から突き落として這い上がって来たものだけを育ててあげるというライオン育児スタイルです。

あまり過度に期待しすぎると、
入学してからの現実たるや
有村架純からの有村昆ばりの高低差をくらいます!

それ以外の養成所の良い所・悪い所

次はそれ以外の養成所の良い所・悪い所をあげてみよう

《良い所》
●ライバルが少ないから面白ければ一気にトップの位置を狙える

●生徒数が少ないから、卒業後憧れの先輩にお会いできる確率が高い

●生徒数が少ない分一人一人に割く時間が多く、チャンスも多い

●講師や同期がフレンドリーでアットホームな雰囲気

●歴史が浅い分自分の考えや売れるためのプランを発揮しやすい

●コースの種類の多様性が高く、全国に学校が点在している

なんといっても生徒数が少ないのが何よりも魅力

で最大のメリットです!

 

鈴蘭では天下は取れないが、ここなら番長になれる

という方も沢山いると思います。

《悪い所》
●周りのレベルが低いため、「ま、この程度でいっか!」とぬるま湯につかってしまう

●結局ココを卒業したところで勝負は卒業してからだ

●吉本みたいに劇場をあまり持っていないので、ライブに立つ機会が少ない

●卒業後TV局や番組制作会社とのパイプが吉本と比べ弱いのでメディアに出るのに苦労する

●力を持っている先輩(冠番組)が少ないのですくい上げてくれる力が弱い

 

日本一厳しい養成所のNSCと比べるとゆるい環境なので
どうしても相乗効果が起きにくいです。

 

よく部活とかで、強豪校のレベルが高い仲間の環境で練習しているだけで、普通の生徒もレベルが上がるスピードが違ってくる

という理論と同じで、周りの環境というのはとても重要です

 

☆勝者 NSC☆(個人の見解)

以上のメリット・デメリットを見比べてみてどうでしょうか?

 

ハッキリと勝敗をつけるのは正直難しいですが

あえてどちらかに勝敗を決めるのであれば

ライバルの多い環境に自ら身を置くことで、
自分の持っているポテンシャルを
最大限に引き出してくれる可能性のある

という点で、

 

NSCの勝利!!

 

ということにしましょう。

ただこれはあくまで

養成所としての養成能力を比べた結果です。

 

注意してほしいのが、

実力はあるのにNSCへ行ったばっかりに埋もれてしまう人もいるし

NSCじゃないと絶対売れないのかと言われれば、

それ以外で売れている芸人は沢山いる

ということ。

 

だから、しっかり自分の考えを持って養成所選びはしたほうがいいです!

 

ただ単に『NSCは王道だからイヤ』という考えだけでそれ以外に行くのも考えものだし、

ネームバリューだけでNSCに行くのも違います。

大事なのは、ちゃんと自分に合った養成所を選びましょう!

「どこがいい?」芸人の事務所選び"決め手は"2タイプに分かれる!

2018.01.21

ということです。

 

ま~

どちらの養成所でも一つハッキリ言えるのは、

 

養成所でお笑いを学ぶという考えは捨てよう!!!!

 

と、言うこと。

養成所は学校ではないので入っただけで面白くなるわけではありません。

どこに行こうが自分の腕は自分の力で磨く!

という考えが大事です。

 

東京NSCか大阪NSCか迷っているあなたは↓↓↓

【大発見あり!!!?】芸人になるならやっぱ大阪?それとも東京?

2017.07.18

 

無料体験中に、
しこたまお笑いの動画を観まくって、
退会すればいい
↓↓↓

 

 

 

まとめ

NSCに向いている人

ごちゃごちゃ小細工せずに腕っぷしだけで一人一人ぶっ潰していけばいい   んでしょ?の人

のびしろなんてくそくらえ、自分はもう今すぐにでも売れるほど商品として形が出来上がっている!と思う人

 

それ以外の養成所向きの人

・周りのレベルに左右されず自制し常に意識を高く持てる人。

・自分の売れさせ方を知っている自己プロデュース力高い人

・将来のビジョンがしっかりしている戦力型の人

 

売れないことを養成所や事務所のせいにするような奴は、どこの事務所に行っても売れない


元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

 

 

 

広告
道とん堀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です