【品川庄司】品川祐があんなに面白くて大好きなのにTV露出が少ないもどかしさで眠れない…

ハイどーーもーー!友達にリバーシブルでアハ体験をさせてあげるもんじです♪

 

「憧れてる芸人は、品川庄司の品川さんです」

 

僕が芸人をやってるとき、

憧れの芸人を聞かれたらこう答えていました。

品川です ポーズ 庄司

その当時は、今みたいに嫌われ芸人でテレビに出るんじゃなく、

『実力派若手芸人!』

として、バラエティにもネタ番組にも出まくってましたもんね。

ま、嫌われてなかったわけではないですけどw

 

僕が好きになった理由は、

その時代の芸人トレンドは”キャラ芸人”が主流で、

見た目や、ギャグを流行らせたもん勝ち!

みたいな風潮が今よりもっとありました。

そんな中『品川庄司』は、

笑えるほど不細工でもなく、

キャラもない、

そして持ちギャグがあるわけでもない、

何の飛び道具も持たずに、素手でお笑い界の戦場に挑んでいるような

カッコよさがありました

 

当時、僕は

品庄が出てるテレビは全部ビデオに録画して、

ライブのDVDは全部買ってました。

品川のブログは毎日欠かさずチェック(毎日更新してました)

ブログ本も買ってましたし、

2ちゃんねるに品川の悪口を書いている奴がいたら、

徹底的にケンカしてましたw

(よく”こいつ品川じゃね?”って言われてたけどw)

 

NSCに入ってからも、
品川を意識して坊主だったし、

映画も

「ドロップ」

「漫才ギャング」

「サンブンノイチ」

「Zアイランド」

全部観に行って、

なんだったら、

品川の映画『ドロップ』はエキストラにも応募して

見事に受かり、最後の喧嘩のシーンにちょっこし映ってますもんねw

その時の記事↓↓↓

NSC養成所を卒業後は何をして生きていく!?下積み芸人のリアル!

2018.04.20

 

と、
そんな大好きな品川さんも

今では

『嫌われ芸人』

のトップランナーになってしまい

テレビで観る機会がめっきり無くなってきました。

 

こうやって、

芸人が消えていくと

『面白くなくなった』

って思われがちだけど、

決して、品川さんの面白さが無くなったわけではないんですよね

腕はまったく衰えてないんです!!

ただただ、嫌われているだけなんです笑

 

ま~、使うのも

見るのも人で

人気商売のこのテレビの世界では

それが致命的ではあるんですが、、、

 

ただ僕は、面白いのにTVに出れていないという今の現状が

『もったいない』

と、思うのです。

 

ムカつくとか、わかってねーな、とかいう否定的な感情じゃないです。

あくまで

『もったいねーなー』

って話です。

 

今回はそんな、

品川庄司の品川が(素人なので呼び捨てします)

いかに凄い人で、いかに今の状態が”もったいない”かを

ただ書くだけの記事ですw

 

ちなみに今回は、あまりにも想いが強すぎて、二部構成になってしまいました(笑)

 

広告

嫌われる理由

そんな、どファンの俺ですら、

品川をメチャクチャ素晴らしい人間だと言い切れませんw

『あ~そりゃ嫌われるわ』

と、思うほど嫌われる要素を沢山持っています。

 

僕が思う、

”品川が嫌われてる理由はこれだろな~”

を挙げてみようと思います。

●態度がヤンキーの先輩みたい

●偉そう

●後輩や周りの芸人に悪態をついている噂

●ドッキリの時の悪態の印象が強烈だった

●スタッフへの態度がわるい(らしい)

●乳首の周りの毛がキモイ

●ジャガイモ顔のくせにナルシスト

●いっちょかみ

●人の話しを奪う

●うるさい

●筋肉自慢

●引き笑いが計算的でわざとらしい

●歌うとき口が下にみょ~んてなる

など、

 

ちょっと思いついただけ

嫌われ要素を挙げてみたらキリがなかったです、

自分でもびっくりしましたw

 

もはや、ここまで嫌われ要素があるのなら…

 

もうそういう人なんだと思います。

 

出川さんや狩野英孝に、

「天然をやめてくれ!」

って言ってるようなもんで、

普通に生きてるだけで嫌われてしまう動きになってしまう

それはもう性格ではなく、性質なんですよ!

もしそれを直せって言われたら

それはもう別人であって、

品川祐ではないですもんね。

 

広告

品川という嫌われ者を利用している人がいる

こんだけ嫌われ者だというのをいいことに

何でもありと思ってメチャクチャする人もいます。

 

コレは”品川祐”と検索したときに出てくるタイトルです↓↓↓

品川 ツイッター

 

僕もブログやってるから分かるけど、

品川を悪いように書いた記事のほうが

アクセス数とか、

クリックしてくれる確率が上がるんですよね~

嫌な世の中ですけど。

 

しかも、いい人を叩けばクレームがくるし、

ニュースとかでも、ポジティブな情報より、

誰かがやらかしたニュースのほうが盛り上がるじゃないですか?

そういう意味で、品川はいくら叩いても苦情が来ないし、

ネガティブ記事はアクセス数が上がるという

最高のサンドバックなんです。

 

もう、ユーチューブとか見ても

「品川の干された理由」

「品川の嫌われる理由」

「品川が松本人志にマジ切れ」

みたいな、品川を叩く動画がズラリですもんね

 

そりゃこんな動画ばっかりズラーっと並べられたら、

品川のことをあまり知らない人まで

『品川は悪い奴!』

って思ってしまうわな。マジで。

 

でももうそれってマインドコントロールみたいなもんじゃん。

 

んで、実際その記事をひらいて見てみたら、

なんのことないでっち上げに近い内容。

俗にいう「釣りタイトル」

例えば、

品川祐「大竹しのぶをバケモノ呼ばわり」に見る“干されっ放し”の理由

というタイトルの記事を開いてみたら

品川が大竹しのぶさんの舞台を見て感銘を受け、SNSで

「ホントにスゲェ!大竹しのぶさんは演技の化物」

という、賛辞を投稿していたという内容だった…

 

これは酷くないですか?

 

タイトルだけ見たら、どう考えても

品川が大女優に悪態ついたと勘違いさせてしまうように見えるもんね。

 

あと、他にも

「品川が松本人志にブチ切れ”ここに呼べや!”」

 

という記事も結構見るけど、

品川が、世界中で誰よりも尊敬している松本人志に絶対そんなこと言うはずないんです!

品川は松本人志を見て育ち、お笑いが大好きになり

中でもごっつええ感じがあまりにも好きすぎて

見ながらオナニーできるか試したくらい大好きなんですよ?

そんな神様みたいな人を”ここに呼べ”なんて言うわけない。

もし本当だったら、ダウンタウンが絶対に共演するわけないでしょ?

実際、ダウンタウンなうにがっつり出てるし。

品川庄司 ダウンタウンなう 松本人志 不仲

こうやって、品川という嫌われもの使って

ウソの記事を書いている人は、なんの罪にも問われないですかね?

あれだけズラリと『嫌われ者』という記事が並んでれば、

そりゃ何をやっても品川は嫌な奴に見えてしまいますよ。

 

友達から、会ったこともない友達の悪口を散々聞かされ

いざその友達に会ったら、

何をやっても嫌な奴に見えますよね?

それと同じです。

 

広告

品川の凄い所

まー、ウソ記事は許せないですが

人間、嫌いなもんは嫌いなので

それを好きに変えることはできないでしょう!

火のない所に煙は立たないだろうから、

嫌われる要素があるのは間違いないんだと思いますw

 

ただ、

品川はアイドルでも、

映画監督でも、

歌手でもないく

 

芸人です!

 

いくら

性格悪くても、ブスでも、おしゃべりクソ野郎でも

芸人としてのスキルがあればいいんです!

ま〜”面白い”という感覚は人それぞれだろうけど、

 

芸人として腕がある事は間違いないです!!

 

絶対に!

 

それは誰が何と言おうとも!!

 

 

ネタだって、

オンバトでチャンピオン大会に出て、

M-1も決勝まで行ってるし、

漫才もコントも出来る。

特に単独ライブのDVDはどれも秀逸で、

中でも『INSTANT』というコントライブは

全てのネタが実は全部つながっていて、

最終的に全コントの伏線が回収されていくという構成力は

若手芸人の単独ライブとは思えないほどのクオリティです!

 

その才能は、

映画でも発揮されてますよね。

僕は文学的な映画は好みではないので、

単純にエンターテインメントとしてどれも全部面白かったです。

特に『漫才ギャング』は、

映画館であんなに笑い声を聞いたのはこの映画が初めてってくらい、

もうドッカンドッカンうけてましたもんね!

 

バラエティ番組でも、

①トークのオンエア率も高いし、

②テロップが出るほどのコメントも多い、

③品川の一言でCMに入ったり、

④スベリかけた芸人が品川の一言によって爆笑に変わる、

⑤品川のフリで緊張している若手芸人の面白さを引き出している場面を多々見ます。

この①~⑤は、バラエティ番組において

番組スタッフサイドが認めている証だし、

番組がどれだけ助かってるかの証明だと思います。

 

この人が一人スタジオにいるだけで、

バラエティ番組がさらに面白く、

何倍にもハネるんです!

 

だからこそ、そんな実力がある芸人が

フィールドに立ててないことが残念で仕方ないのです。

 

絶対に命を救えるスゴ腕の医者が、

性格が悪いってだけで

手術させてもらえないなんて、

やるせなくないですか?

目の前で何人も助かる命が死んでいっているんです。

そんな感覚を僕はいま持ってます。

 

一般の人って、

ボケた人が面白い人って思いがちだけど、

その前に振る人

そして、ボケに対してフォロー(つっこむ)する人

がいるからそのボケの人が笑いを生んでいるということを分かっていない人が多いですよね。

 

サッカーでも、

にわかの人ってゴール決めた人しか褒めないけど、

その前のプレーが何よりも重要だってことを、

サッカーを知っている人は理解しています。

 

品川は、

ひな壇において、

そんなアシストをバンバンフォワードの選手にパスしている、

そのことをちゃんと評価してもらいたいです。

 

ということで次回は、

より品川の凄さを分かりやすく伝えるために

実際のバラエティ番組での立ち振る舞いを踏まえて

解説していきたいと思います。

 

そっちのほうが分かりやすいと思うので、

是非、読んでください。

ひな壇で見る品川祐の凄さを伝えたい!(後編) 【アメトーーク(仮)バラシ芸人より】

2018.06.11

 

 

もはや、DVDもデリバリーする時代!!
パソコンや携帯から気軽にレンタルできる!
夢のようなサービス!
しかも、
返却はポストに入れるだけ!送料・延滞金は無料です!
圧倒的な商品数を誇るDMMなら
『品川庄司』で検索したら71作品もヒットしました!!
TSUTAYAにはもう置いていない過去のライブDVDも
ココなら見れます!!
↓↓↓

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です