【謎に包まれた】お笑い養成所の授業は何を教えてるの?

ハイどーーもーー!空腹時は”ご注文の繰り返し”が入ってこないもんじです♪

 

今ではもうすっかり当たり前のように知れ渡っている【お笑い養成所】という言葉

ただ、その授業内容は何をするのか?

と聞かれたら、

分からないですよね(´・ω・`)

 

ネットで養成所のHPを検索してもざっくりした内容過ぎて

イマイチ何をするのか、

どんな授業をするのか具体的に書いていません!怪しさ満点

 

そこで今回は、東京NSCに通っていた僕が

養成所の授業とは具体的に何をするのか?

という疑問をだしおしみなく解説したいと思います。

NSCの情報がメインですが
他事務所の後輩などとも交流があったのでその情報も踏まえた内容にしたいと思います!

広告

養成所は学校じゃない!

養成所というと=お笑いの学校という人がいますが

どちらかというと、習い事やレッスンを受けに行く感覚に近いです。

学校や塾みたいに、机に向かって授業を受ける事はしません!

そもそも机がありません(笑)

 

ヨガ教室やボイストレーニングみたいに

広いホールに講師の方が来て、その方の指示に従いながら動いていくみたいな感じです。

 

《期間》

どこの養成所もほとんど一年間

学校と同じように4月に入学して3月に卒業という流れ。

 

《授業》

一週間に2日~4日(月・水・金など隔週が多い)

 

《時間》

バラバラで早ければ9時から開始するクラスがあります。

クラスによって時間が異なるのは

Aクラスが終わったら、その教室にBクラスが入って、それが終わったらCクラスが入ってくる

みたいに1つのホールで授業を行うから。

 

NSCは教室がいくつかあるし、講師も多いから2クラス同時にやれるけど、

その分生徒が多いから、やはりクラスによって開始時間~終了時間はバラバラになります!

なので連続で授業を受けるのではなく、授業が終わったらいったん教室を出て

次の授業までに2~3時間の間時間を潰しとかないといけません。

この時間にみんな一度建物を出て、公園やファミレスなどでネタ合わせをしたりします。

だから授業時間は合計3時間だけ だけど、すべての授業が終わるのは夕方になるんです。
(この空き時間を潰すのがしんどいんだよなぁ~)

 

基本的な授業の流れとしてはこんな感じです。

 

養成所によっては

学校に行きながらとか、仕事をしながら通えるようなコース
があったりするので、そこはHPなどで見比べてみるといいと思います。

 

上記でも書いた通り、
基本的に授業がある日は一日拘束です!!

だからバイトもそんなにガッツリ入れないし、
終わるのも夕方までたからバイトの種類すら限られてきます。

どんなバイトがオススメかの記事↓↓↓

芸人の下積み時代はどんなバイトがオススメ?《養成所生の バイト事情》

2017.12.18

緊急な招集も多々あるので、バイトを探すならスタッフの人数が多くて
急に頼んでも変わってもらえる様な融通の利くバイトがオススメです♡

(ちなみに僕はTSUTAYAでバイトして無料でお笑いDVDをむさぼるように見ました)

バイトが決まるまでのつなぎ、
空いた時間にサクッと短期のバイト
登録だけしておくと便利ですよ~♪
↓↓↓

広告

養成所に行く目的は3つだけ

次に、授業の内容ですが。(NSCの場合)

 

ネタ見せの授業:(週に5回※講師が5人いるため

発声・滑舌の授業(週に1回)

ダンスの授業 (週に2回※講師が2人

演技の授業(エチュード) (週に1回)

集団コント (週に1回)

 

+不定期で特別授業(一週間に1回あるかないか)

※特別授業とは…
芸人さんが特別講師で来たり、警察が来てコンプライアンスの授業をしたり
昔のミリオン歌手が舞台での発声をレクチャーしてくれたり、授業に飽きがこないようにチョイ足し感覚で行われます。
(注意)このチョイ足しをパンフレットにデカデカと載せているだけで売れている芸人は滅多に来ません。気を付けて(>_<)

 

ただ、

これはあくまで僕が行っていた時の授業内容なので、今は違うかもしれません。

なんか、パンフレットにはカンフーとかスーツアクターとかあるけど…なんじゃそりゃw

でも主軸であるネタ見せ・発声・ダンス・演技は変わらずにあると思うので、おおまかには変わらないと思います。

 

ワタナベコメディスクール1年間

週に4日

《15時間》《土日だけ》のコースが選べる

スクールJCA(人力舎)も1年間。週に3日

目黒笑売塾(ホリプロ)も1年間。週に2日

どの養成所も授業は週に2~4とバラつきがあるけど

期間は1年間です。

授業の内容はネタ見せと発声・ダンスと、どこも同じような感です。

 

パンフレットなんかを見て授業の内容で、どこの養成所がいいか悩んでいる方がいるかもしれないですが、、、

ハッキリ言ってどこの養成所もやることは大して変わらないです!

ココが良くて、ココは悪いとか、どこに行こうが授業の内容は重要ではないんです。

それはなぜかというと

 

養成所はお笑いを教えるところではないから!!

 

 

もっと言うと、

 

養成所に行ったからって面白くなることは無いです!!

シュール

NSCに行ったからって面白いネタが書けようになるわけではないし、

スクールJCAは入学金が高いからレベルの高い授業をしてくれる、

というわけではないのです。

 

ズバリ

養成所に行く目的は3だけです!!

 

 

1、相方を見つける

2、卒業して事務所に所属できる

3、ネタのダメ出しをもらえる

これだけです!!

 

でも、これだけ!とは言ったものの
これが芸人になるための大事な3大要素なので
それだけで十分行く価値はあります!!

むしろ芸人になる方法が今や養成所に行く以外ほぼ無いですからね。

芸人になるには養成所に行く以外に方法はないのか?

2017.07.10

勘違いして入ってくる人がいるといけないので繰り返しますが

養成所に行ったから面白くはなれません!

お笑い力は、学力や体力と違って学校で学んで身に付くものじゃありません!

たった1年で人間そんなに変われません!

そしてどこの養成所に行っても内容はそんなに変わりません!

スタップ細胞もありません!

 

広告

とはいえ授業は全力でやりましょう

養成所に行ったから面白くはなれません!

とは、言い切ったものの

養成所の授業をテキトーに受けてもいいわけではないですよ?

確かにダンスの授業なんて
踊りながら

「俺、今何してるんだろ、、、」

と、ふと冷静になって頬を赤らめたり

腹筋しながら

「これ、家でもできるだろ、、、」

入学金40万をボったくられたことにようやく気づくことでしょう。

 

だとしても全て真剣にやりましょう!

 

事実

”面白くない奴ほどさぼったり適当にこなします!”

売れるような人は、お笑いに関係ない授業の中でもなぜか一目を置かれます!

 

例えば
ダンスを真剣にやってたから、トレンディエンジェルの斉藤やはんにゃの金田は
テレビでダンスするネタや面白い動きを編み出せています。

発声も、ノウハウさえ分かっていれば、もし毎日休みなしの売れっ子芸人になったとしても
喉を潰さずにしゃべり続けられる声の出し方ができるんです。

昔ジャンポケ斉藤が踊りながら山手線の駅名一周を言う、という一発ギャグをやってたけど、
あれを見て、「これ、NSCの授業から思いついたんだろ~な~」と思いました(笑)
※発声の授業で山手線駅名を滑舌よく言うレッスンがあるのでNSC生は全員言えますw

 

このように

お笑い以外の授業は退屈で意味がないように思えるけど、

才能がある人はそれを無駄にせずに、笑いに活かします。

 

テキトーの中からは何も生まれません。←名言でた

 

まだ売れてもいない芸人の卵の分際で授業を選べる立場じゃないです!

最初のうちはすべてにおいて100%の力でやるべきです。

 

高い入学金を払って、夢を叶えるために入ってきて、

たったの1年間すら全部100の力を出せないやつに

卒業して、売れるまで走り続けられるはずがないです。

 

TVで売れっ子芸人が

「養成所で授業をさぼった」

とか

「あまり行かなかった」

とか

話してたけど、

それを真似して、才能もねーくせに力を抜いている奴を見ると

後ろから髪の毛を全部むしり取って、オシャレなランチョンマットでも作ったろか、とおもいます。

TVで話しているあのエピソードは、遠い昔の話しだし

今は単位が取れないと卒業できないし

なにより、
あなたはその方達ほど才能があるんですか?と言いたいですね~

 

おわり。

 

 

さらに詳しく授業内容が知りたいあなたは↓↓↓

果たして、ここまで詳しくネタ見せの授業を詳しく書いてあるblogが他にあっただろうかっ!?

2017.08.23

まとめ

 

①期間は1年間で、授業時間は60分~90分程度、1日3回授業、週に2~4日

②内容は、ネタ見せや発声・ダンス・演技などどこの養成所も同じ

たったの1年間くらい、どの授業も全力で受けましょう

元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

 

 

 

広告
シュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です