養成所ではネタ時間2分で作ろう【ネタ時間の重要性の巻】

ハイどーーもーー!猫見知りするもんじです♪

 

「よっしゃネタを書こう!!」

 

と、いざネタを書き始める時にふと思う…

 

 

(…そういえばネタの時間て何分だ???)

TVでやってるネタは大体3~4分だからそれくらいか…?

まっ、適当でいっか(∩´∀`)∩

 

って、
いーわけねーのです!!

 

ネタを作る上で、まず最初に意識しないといけないのが

「ネタの時間」

いっくら超絶面白いネタが出来たとしても、このネタ時間が守れなければ最後までやらせてもらえません。

というか、怒られます。

 

TVとかで

何となく見ているネタでも、ほぼ全てに与えられた持ち時間があるんです!!

 

芸人になると、

「今度のオーディションは○分ネタで」
とか、
「M-1の3回戦は○分を超えてはいけない」

など、ネタ時間に関する話しは当たり前のように交わされます。

そう!

与えられた時間内で笑いを取ってこそプロの芸人なのです!

 

今回は、ネタを作るときに実は超重要な「ネタ時間」について
だしおしみなく解説していきます。

これを見れば何分のネタを作ればいいか、

そしてネタ時間がいかに大事かが分かると思います!

 

広告

なぜネタ時間がそんなに重要なのか?

前回の記事で、最初の頃はネタ時間を2分で作ろう!と書きました。

それは、だいたい2分でOKとかではダメで、
きっちり2分!前後しても+-5秒で作りましょう。

「そんなこと言っても、その場のアドリブとか入れたらムズイよね…」

と、ナマイキなんか言っちゃったりなんかしちゃったりする人がいるかもしれないけど

アドリブを入れたり、本番で長めに間をとったりして時間をオーバーしてもいいのは、

ある程度キャリアのある芸人だけです。

もっと言うと若手がアドリブかまして、与えられた時間を過ぎることは、腕があるとは評価されません

むしろ与えられた時間内にきっちりネタを終わらせることの方が優秀な芸人と言えます。

 

繰り返します
プロを目指すなら、ネタの時間は絶対に守らなければなりません!

学生の文化祭とは違うのです。

 

ボクサーはなら、減量オーバーはプロとして失格でしょ?

それと同じで

決められた規制の中で勝負をするのがプロの仕事です。

広告

ネタ時間に厳しい2つの理由

でも、なぜそこまで
ネタ時間に厳しく言われるのか?

それには理由が2つあります

理由その① コンテストで時間オーバーは減点対象

M-1やキングオブコントなどの賞レースはルールとして、ネタ時間が決められています。

ルールということは守れない場合、ペナルティー=減点ということです。

特にまだまだ未熟な若手芸人は、合格点の紙一重の得点で戦っているので

時間オーバーでの減点は死活問題です。

 

なんなら
名前の知れてる芸人でも、時間オーバーで落とされることもあるくらいです!

『え?なんでこのコンビがこんな所で落ちてるの?』

っていう時あるじゃないですか?

あれは時間をオーバーして、という事も珍しくない話しです。

 

なので、賞レースが売れる方法の1つとなった今では、

ネタ時間を守る

という事がいかに大事なことか分かっていただけたじゃないでしょか?

理由その② 後続の芸人に迷惑をかける

養成所でも口を酸っぱくして言われることですが、

若手芸人が自分たちの勝手で、時間オーバーすることは周りの方々に迷惑をかけます。

 

どういうことか?

 

全てのお笑いライブには終演時間が決まっていますよね?

単独ライブでもない限り、自分たちの出番の後に続くのは先輩芸人や師匠クラスの方が後に来ます。

もし時間を守れなければ、終演時間に終わらすために、その帳尻を師匠が合わせなければいけないのです

あなたのネタが1分オーバーすれば、中田カウスボタン師匠のネタが1分短くなると考えるとゾッとしますね。

 

ネタ番組だってそうです。

番組の放送時間は決まっているから、

決められた時間を守れないような芸人は使えないのです

そんな芸人二度と呼ばれません。

 

たかがネタ時間、されどネタ時間ですが、

これで養成所でネタ時間を厳しく言われる理由が分かったかと思います。

広告

ネタ時間一覧

ここで、ざっとネタ時間を書いておこうと思います。

養成所(NSC) 2分

若手発掘系ライブ→ 1分

ネタ番組オーディション→ 1分 ※良くて2分

M-1 
1回戦→ 2分
2回戦・3回戦・敗者復活戦→3分
準々決勝・準決勝・決勝→ 4分

R-1
1回戦・2回戦→ 2分、
3回戦・準々決勝・準決勝・敗者復活・決勝→ 3分

キンブオブコント
1回戦→ 2分
2回戦・準々決勝・準決勝・決勝→ 4分

 

上記を見てわかる通り、

 

最初のうちに関係してくるネタ見せの時間は大体が1~2分ですね?

 

若手発掘系のライブやネタ見せ番組のオーディションは

一気に30~50もの芸人を見ないといけないので

1分しかネタ時間与えてもらえません。

 

『な~んだ、1分なんてすぐネタ作れるじゃん!』

と、思っちゃう人は、一度作ってみて下さいw

 

1分間で笑いを取ることがいかに難しいかが分かると思います((+_+))

試しにやってみますね、

 

《漫才》

二人「はいどーもー、マンション&ペンションです~。よろしくお願いします~」

 

ボケ「いや、最近僕ね青春ドラマにはまってまして、
あの、
”おい!!ちょっとまて!そこ視聴覚室だぞ!!”ってシーンやりたいんだよね~」

 

ツッコミ「あ、いいね、じゃーちょっとやってみよう!」

 

ってゆー、ベタな漫才の入り方ありますよね、

実は今のでもう20秒も使ってるんです!

だから

あと40秒で爆笑を巻き起こさないといけないってことです。

つかみのボケとか入れようものならその時点で持ち時間の半分使ってしまう…という

 

そのくらい1分はあっという間です!

しかもその1分で他の芸人と違いを見せて、誰よりも笑いを獲らないといけないんだから…

 

そして見ているほうからしたら、それが50人続くわけですから

その中から「おっ!」と思わせることがいかに大変か分かりますよね?

 

とにかく、若手のうちは2分ネタを量産するべしです。

 

2分ネタが出来れば、削って削って1分ネタもできるし

前半と後半に肉付けして3分ネタ、ができるので

その時間の感覚に慣れていきましょう!

ネタ時間の測り方

慣れてくると書いているだけで、大体この時間くらいだな!と、わかってきますが、

最初のうちは、

自分でストップウォッチを使って計っていきます。

 

ネタを書いたら、ネタ帳を追いながら1人で

ヨーイスタート!とストップウォッチを押して

『自分のパート』『相方のパート』を本番さながら、

一人二役で読み上げていきます

読み終えたらストップ!みたいな感じ。

 

ここで注意してほしいのが、

絶対に誰にも見られないようにしましょうww

大声を出すのも禁止です。

 

僕はドトールでこれをやって、気付いたら自分の周りに誰も居ないというプチドーナツ化現象
を巻き起こしたので、気を付けてくださいね♪

 

コレがあれば家で一人、大声でネタ練習ができます!!
東京のボロアパートの壁の薄さをなめんなヨ。
不思議と本当に声が吸収されます。
1人ネタ練習の時の必需品です。
↓↓↓

 

まとめ

①若手の頃はネタ時間2分で作ろう

 

②実際のネタ合わせも、何度も何度も時間を計って絶対にオーバーしないように気を付ける

 

③ドトールでは時間計りを行わない


元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

 

 

 

 

広告
パニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です