【男の不妊治療】精液検査に泌尿器科へ行った一部始終を書きました

ハイどーーもーー!身長を測るときは息を目一杯吸い込むもんじです♪

 

「妊活をしはじめて1年間、

  それで妊娠しなければ不妊症です」

2018年1月放送の、

不妊をテーマにしたドラマ

『隣の家族は青く見える』

深キョンが産婦人科で言われたセリフです。

 

そのドラマを夫婦で観てた僕らは、顔を見合わせて

「じゃー俺たち不妊症やん」

と、

ドラマの中の医者から画面を通して

間接的に診断を下されましたw

 

こうして僕(ら)の、

不妊治療がスタートしました。

広告

まずは自分が先に行こう!

これから不妊治療を始めようと思っている方に、まず初めに言いたいことが。

不妊治療の第一歩は、

『検査』です!

なぜかみんなこれを面倒くさがります。

僕の嫁も、

仕事の時間が短いし、休みも僕より多いのに

なぜか一向に行こうとしませんでした…

なので、

先陣を切って僕が先に検査に行く事にしたんです。

すると嫁も、すぐに産婦人科で検査に行ってくれました。

 

不妊治療を始めて思ったことが、

何事も

『まず先に自分がやる』

ということ。

食べ物や運動、サプリなど、

不妊にいいとされているものがあるけど、

相手に押し付ける前にまず自分がやり始めて、そして相手にオススメすることが大事だなと思いました。

広告

精液検査は泌尿器科がオススメ!

ということで、

精液検査をするためネットで、

『宮崎市 精液検査』

って調べたところ、

”不妊治療のクリニック”がズラリと出てきました。

でも、

僕は精液検査くらいだったら近くの泌尿器科でサクッと終わらせることをおススメします!

今後、クリニックに行く場合でもその検査結果を持っていけばいいですからね。

おススメの理由

①安い

精液検査だけだとどこでやっても保険適用されるので、何百円で済みますが、

不妊治療クリニックだと初診料が高かったり、余計な検査をされたりする可能性があるらしいです。(友人は初診料が僕の2倍以上でした)

②早い

混雑時を避ければ泌尿器科は待ち時間が短いです。

不妊治療クリニックは、一人一人の時間が長いので結構待たされます。

③近い

宮崎のような田舎は不妊治療クリニックが2つくらいしかないので、そこまで行くのに遠いです。

泌尿器科だと宮崎県内に60件以上あるので、お近くの病院を探せます。

なのであなたの一番行きやすい近い病院に行ってください。

ぶっちゃけ検査だけなら病院の口コミとかを調べるのは無意味ですw

細かくはあとで説明するけど、精液は病院から検査所へ送られて結果だけがFAXで届くシステムなので、その病院の先生の腕とか関係ないのです。

あくまでも大事なのはあなたの右腕です←

④入りやすい

不妊治療クリニックは、待合室が9割女性です。

その点、泌尿器科はジジイとババアしかいません。

しかも泌尿器はなにで来たのかがバレませんからね。

 

なので、

精液検査が出来る場所を探すときは、

『○○市 泌尿器科』

で検索するといいですよ♪

ちなみに僕が行った宮崎の泌尿器科は、

『ふくだ泌尿器科』

です。

広告

精液検査の手順

ではいよいよ僕が精液検査をした過程を、

実際の手順で書いていきます。

これから検査をする方の不安を少しでも解消できればうれしいです。

1.泌尿器科に行く

まずは風邪の時に病院に行く感覚で、直接飛び込みで病院に行きました。

そこで最初にブチ当たるのが

『受付に何て言えばいいか問題!』

病院の女性の受付の方から、

「今日はどうされました?」

と、大抵聞かれると思うので、僕の場合は

「不妊治療の精液検査をお願いします!」

と、凛とした表情でスマートに言ってのけました。

すると眉一つ動かさず問診表を渡されるので、待合室のベンチで書いて、また受付に渡すと第一関門突破です。

もしその一言が恥ずかしくて行くのをためらっている人は…

自意識過剰すぎですw

受付の方なんて5分後にはもうあなたの名前も、顔すら覚えていません。

しかも泌尿器科なんてシモ専門の病院なので、精液検査なんて日常茶飯事すぎて何の感情も起こりません。

成田空港の受付が外国人にイチイチ反応しないでしょ?

2.名前を呼ばれ診察室へ

問診表を出して20分くらいすると、名前が呼ばれ先生の待つ診察室へ通されます。

席に着くや否や

「じゃ検査してみようかね!」

と、言われ

「あとは看護婦さんに聞いて」

と診察室に入って2秒で、診察室を後にします。

そして出てすぐ横にあるベンチ(人通りが少ない)で待つように言われます。

3.看護婦さんからの説明

しばらくベンチで待ってると看護婦さんが出てきてマンツーマンで説明してもらえます。

そこで言われたのは、

①まず、4~5日禁欲して

②容器を渡すのでそれに入れて持ってきて

③射精したら出来るだけ1時間以内に持ってきて

④容器には全量入れて

⑤容器に名前と採取した日時を書いて

⑥出来るだけ冷やさないで
※僕は冬用の靴下にスッポリ入れて持っていきました。

⑦持ってくる前に電話をして下さい 

以上の7つのルールです。

このルールを踏まえたうえで、

次に持ってこれそうな日を伝えて予約します。

ちなみに、この日の診察代は

初診料を込みでナント

『850円』

でした!

格安ですよね♡

4.言われた日に持っていく

そして数日後…

予約した日の持っていく1時間前くらいに病院へ電話します。

「今日、精液検査の予約をしているのですが、15時くらいに持っていきます。」

と、先に電話をしておいて、

その時間に合わせて、一番お気に入りのエロいやつを見て、豪快に容器へ射精します。

ここからはスピード勝負です。

僕はまるでマリオカートのスターを取ったかのような勢いで病院に向かいました。

5.受付に渡す

「先ほどお電話した、○○です」

と、

この日は、受付に容器を渡すだけです。

診察はないです。

診察代もかかりませんでした!

 

渡したら受付の方に

「審査結果は1時間後くらいに出ますがどうされますか?」

と聞かれます、

どうやら、ここで調べるんじゃなくて、

精液検査所へ精子を送って、検査結果のみがFAXで送られてくるみたいです。

なので、

そのまま待合室で待つことも出来るし、

後日また検査結果だけを聞きに来ることもできるそうです。

僕は仕事の合間に、二つの意味で”ヌケて”来たので、

後日改めて行くことにしました。

 

以上が、

精液検査の体験談でした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

僕は精子検査に病院にへ行ったら、

もうその日に個室に通されて、エロ本でシコってそこですぐに検査するのかと思っていましたw

なのでもっとちゃんと調べておけば、

不安もなくもっと早く検査していたと思います。

 

最初にも言った通り、

『子供が欲しい』

と思ったら、まずは検査をしましょう!

それが第一歩目です。

自分たちの状態を何も知らないまま闇雲に性行為だけを行っても効率が悪いです。

ハローワークに行ってから、自分のやりたい仕事を考てるくらい順番が逆です。

まずは自分たちを知りましょう!

不妊治療は色んな意味で時間との戦いです。

それを今僕たちは痛感しております。

なので、

なるべく無駄な時間の無いように早く行動して下さい。

広告