【超脱出】ネタが煮詰まったときは4つのステップでスランプ解消しろ!

ハイどーーもーー!実家の窓がびっくりドンキーのメニューみたいなもんじです♪

みなさーーん!

スランプに陥ってますか~??

 

「ハイ」と答えた方は、

おめでとうございます♪パチパチパチ

スランプは頑張っている人にしか訪れない

…これは、えーっと

ある偉い人が、何かの本で、こんな感じのことを言っていましたw

 

ま~とにかく、

スランプになったということは、

自分の引き出しが空っぽになるまで努力したという証拠です!

ということで、

まずは自分で自分を褒めましょう♪

 

僕も、

芸人時代にネタを書いていた時に、

幾度となく煮詰まって、

幾度となくノートをクシャクシャにして髪の毛をむしりちぎりながら大声をあげたもんですw
(ノートの上には髪の毛だらけだたな~w)

 

今回は、

そんなネタ書きに煮詰まったときに実際やってた解決方法を、

だしおしみなく書いていきます!

しかも、単にリフレッシュ法を羅列するんじゃなくて、

4つのステップにわけて、

1から順にやっていくというステップアップ方式です。

 

僕が当時、なんとかスランプを脱出するために、沢山の本を読んで調べ、自分なりにまとめた、

もんじ秘伝の方法です!!

 

騙されたと思ってやってみて下さい。

ちなみにこれは、別に芸人だけじゃなく、

作家・芸術家・歌手などの何かを生み出すクリエイティブな作業をしている

すべてのスランプ真っただ中の人にもオススメですよ~w

広告

ステップ①リフレッシュ脳

まず、アイデアが煮詰まっているときは、

脳がアクセルを踏みすぎてオーバーヒートしている状態です。

 

医学的な話をすると、ストレス過多の状態では自律神経が乱れ、

身体のありとあらゆるところに悪影響を及ぼします。

そんな状態でさらにアクセルを踏み続けて、

いいアイデアが出るわけがないんです!

なので最初は、脳からストレスを排除してやりましょう♪

外へ出て太陽の光を浴びながら散歩する

ずっと家の中にこもっていると、気持ちまでふさぎ込んでしまいます。

そんなときは、シンプルに外へ出ましょう!

外に出るだけで、空気もいいし、ノートばかり見ていた視界もリフレッシュします。

そしてなにより太陽の光に当たることが一番大事!

太陽に当たることで『セロトニン』が分泌されて、

自分でもハッキリと分かるぐらい脳がリフレッシュします。
※セロトニン…感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっている物質

その時、お笑いのことを何も考えないのがポイント!

ついつい外に出てリフレッシュした状態になると調子乗って、外でもネタのことを考えてしまいそうになるけど、

とにかくまずは脳をリフレッシュすることに徹してください。

リズミカルな動き

心と体は連動していると言います。

100mを悲しい気持ちで走りきることは不可能らしいです。

逆もしかりで、

鬱の人は体が重くて動くのがおっくうになります。

連動してるんです。

 

そんな人間の便利な機能を使わないのはもったいないです。

ということで、好きな音楽に合わせてアドリブでリズミカルに踊ってみて下さい。

さぁ、今、試しに!

 

どうですか?恥ずかしいけど踊る前と比べて気が明るくなってませんか?

この少しリズミカルってのがポイントで、

あまりにも息を切らすくらいガンガン踊ると疲れてしまうので、

リズミカルなマヌケなダンスが◎

外でときはさすがに恥ずいのでラジオ体操がおススメですよ♪

シャワーを浴びる

散歩から帰ってきたら、

そのまま服を脱いでお風呂でシャワーを浴びましょう!

身も心もスッキリ、サッパリ、リフレッシュします。

何度も言いますが、

身体と脳は連動しています。

体がサッパリすれば脳もサッパリします!

特に夏は熱さでボーっとしがちですよね?

そんな時は水100%のシャワーを浴びるとマジでぶっ飛ぶくらいスッキリします!

広告

ステップ②リセット脳

さて、脳がリフレッシュしたところで、

次は働き過ぎの脳を休ませて、一度リセットさせましょう!

「じゃー最初から脳を休ませろよ」って思うかもしれませんが、

脳はいわばパソコンのように莫大な量の情報を処理しています。

パソコンも電源を切るときにコンセントを一気に抜いたり、強制終了したらダメでしょ?

それと一緒で、一度いつもネタ作りしている場所から離れ、クールダウンさせる必要があるんです。

 

そこで、脳を休ませるのに一番最適なのが

 

『瞑想(マインドフルネス)なんだそうです。

 

あのスティーブジョブズやTwitterの創始者、GoogleやIntelの企業全体が取り組んでいたという、

究極の脳を休める方法なんです!

人間て実は、常に何かを考えていて無意識にずーーっと脳を働かせているんです。

なので、

「さぁ、今から脳を休めて下さい」

って言われたら難しくないですか?

だって休めるために何も考えないように、考えないように…考えないように……

って、考えないことを考えているしww

耳から入ってくるもの、匂い、皮膚に当たる空気の動きなどなど、

色んなものに脳が反応してしまいます。

それを無理やり打ち消そうと頑張っても、その労力で脳が疲れてしまうんです。

だからあえて、その今感じていることに逆らわずに、

その一つ一つを感じるままに流される、

ってのがマインドフルネスなんです。

まー詳しいやり方は、

ココで書くと長くなるので、

ネットや本で沢山やり方載ってので是非調べてみて下さい!

世界一簡単な瞑想の本


↑↑↑クリック↑↑↑

『瞑想』って聞くと、

なんか修行みたいな大掛かりな事を想像しがちですが、

この本はかなりポップな感じで、

日常生活に取り入れられるくらい手軽な方法を教えてくれます。

しかも1日10分でOK!!

10分すら難しくても、5分でも1分でもいいそうです。

瞑想を始めたいな~ってちょこっとでも思っていた方は、

この本の入門編として選んでみれば間違いないですよ♪

広告

ステップ③忘却脳

ステップ1.2で上手くいけば、

脳が今、究極に休まれている状態です。

ここで調子に乗って、またすぐネタ作りに戻っては、

またいつものスランプに逆戻りしてしまいます。

旅行で言うと、今はまだ実家を出て近所を散歩している程度なので、

すぐに実家に帰ってしまうと旅行した気にならないですよね?

そこで、実家を飛び出して真逆の一番遠いブラジルに行きましょう!!

今までしていたネタ作りとは全く逆のことをするんです。

 

《いつも机に向かって無言》の真逆とは、

《人と会話》しましょう!

 

それも同じ業種の人じゃなく、全く関係のない友達と、

さらに、お笑いのことは一切考えずに、

脳から忘れ去りましょう!

その友達とカラオケで歌いまくるのもよし。

映画館に行くのもよし。

遊園地に行ったり、山登りしたり、メイドカフェに行ったりしてもいいです。

ポイントは一切お笑いのことを考えないこと!

一旦おもいっきし別の方向に振ってみる。

そうすることでネタ作りしかしてなくて、縮こまった脳も

真逆へビヨーーーンと伸ばされて、

ピザ生地のように柔軟になっていきます。

広告

ステップ④入れ替え脳

いよいよ最後。

ピザ生地のように柔軟になってやわやわの脳を、

キュッと引き締めましょう!

 

この工程をすっ飛ばして、すぐにネタ作りしてしまうとまたあなたのいつもの脳に戻ります。

せっかく今、赤ちゃんのように綺麗な脳をしているので、

せっかくなので優等生な脳に入れ替えてやるんです。

 

その方法とは、

 

メッチャ頭を使うことをする!

 

です。

 

例えば、計算ドリルでひたすら暗算しまくるとか。

謎解き系の脳トレをするとか。

そうすることで、

いつものネタ作りでは使っていない部分の脳が活性化され、

脳が生まれ変わるんです!

そうすることで、いままでには出なかったアイデアが出る

これすなわち…

スランプ脱出なり!!!

 

最後に。

ということで、

4つのステップで強制的にスランプを脱出する方法を紹介してきました。

僕が思うスランプ脱出とは、

通常の自分に戻ること…

ではなく、

 

今まででは出なかったアイデアが出せるようになる

 

事だと思います!

野球選手がフォームを変えたら成績が伸びた、

なんて聞いたことありますよね?

なので、スランプが訪れたら何か一つ変えて、

さらに進化することを意識するといいかと思います!

 

『現状維持は衰退への第一歩』
               by井上康生

 

 

「Amazon本が読み放題」

に・・・

なったら最高だと思いませんか

ナントAmazon Kindle

電子辞書という裏技を使えば
月額980円
夢の読み放題が実現しやす!!

僕はこのAmazon Kindleを知った3秒で入会しましたw

『月に一冊は本を買う』

という本好きの人は、
これに入らない理由があったらメールください。

※もちろん上記の本も読めます!
↓↓↓

 

 

広告