ここがダメだよユーチューバー!見る側からの勝手な意見

ハイどーーもーー!初対面の人に「今日元気ないね」って言われるもんじです♪

「ユーチューバーになりたい!」

2014年THE MANZAIの優勝ネタ↑

博多華丸大吉が漫才で”ボケ”に使うほど、

以前は鼻で笑われてたコノ発言。

 

でも今やもう、

ユーチューバーを笑うものが笑われる時代になりました!!

 

そんな僕も、

暇さえあればyoutubeを見まくってる

ユーチューブ大ファンの1人です。

 

ただ、

まだまだ発展途上のyoutubeの世界では、

イマイチなユーチューバーがたくさんいるのも確かです…

 

ただ、

頭ごなしにユーチューバーはつまらない!

と、決めつけるんじゃなく、

『なぜユーチューバーはつまらなく感じるのか?』

を、真剣に考えてみました。

 

好き勝手書いていきますが、

これからユーチューバーになりたいと思っている人は、

こういう一般人の意見を参考にしてこそ、

だとおもうので、

ちょっとでも参考にして頂ければ嬉しいです。

広告

原因①そのクオリティでも出せるから

なぜYouTubeには、沢山のイマイチ動画がはびこっているのかというと、

イマイチでも配信できてしまうのがそもそもの原因なんですよね!

テレビだと、

つまらない発言は編集でカットされます。

でもYouTubeでは、

出そうと思えばクソつまらなくてもバンバン出せちゃいますw

まず、

そのハードルの差が何よりの理由だと思うんです。

 

でも、

沢山の動画の中から、

多くの方に見てもらうためには、

よりを重視しないといけないですよね~。

 

そうなってくると必然的に、

クオリティが低いものがいっぱい世に放たれることになるという、

悪循環です。

 

いくら量を作っても埋もれてしまっては、

ただのゴミになってしまうので、

しっかり編集に時間をかけて、

ある程度の水準を自分の中で設けて、

意識するといいんじゃないかと思います。

広告

原因②タイトルと中身が伴わない

アクセス数を稼ぎたいばっかりに、

目を引くタイトルを付けて、

いざ再生すると、

全く求めていたものと違う内容だった…

という動画がめっっっちゃ多くないですか?

この時の裏切られた感ったらないですよねw

こういう、

視聴者をガッカリさせることを何とも思わない、

アクセス・ファーストなユーチューバーが多いから、

ユーチューバーはつまらないって言われるんだと思います。

再生してもらうことをゴールとしちゃってて、

中身がスカスカ…、

結局何が言いたかったのか、

見た後に何も得られない動画は、

期待して観てくれた視聴者の、大切な時間を奪うとても悪質な行為だと思うんです。

 

むしろ逆ですよね、

視聴者を楽しませる動画を作れば、

おのずとアクセスが増えてくるという、

視聴者ファーストの考え方を持っていると、

見ている側はほっとかないと思います。

広告

原因③同じことやってる

よくお笑い芸人の世界では、

『芸人は隙間産業だ』

って言われます。

これまで誰もやらないことをやる芸人が売れます。

そりゃそうですよね?

ザキヤマのようなキャラを同じようにやっても、

売れるはずないんです。

ほんならザキヤマ使うよ!っちゅー話です。

だから、芸人達は

誰もやっていないことを探して、

かぶらないように!

オンリーワンを目指して頑張っています。

でも、

YouTubeの世界では、

平気で同じことをやっていますw

『ユーチューバーってそれやらなきゃいけないの?』

ってくらい、

敬礼のポーズしたり、

変顔したり、

カブリまくっているんです。

 

ユーチューバーこそ、

個人プレーヤーなんだから、

誰ともカブらない、

個性を前面に出した、

世界で1つのチャンネルを作ればいいのにな~

って思います。

広告

原因④お金がない

これはどうしても避けては通れない理由ですよね。

仕方ないことなんですけど、

TVとYouTubeでは、

圧倒的に使えるお金が違います。

そりゃ、

ちゃんとしたスタジオで、セット組んで、何千万というカメラを使って、

プロの音響、編集スタッフを使っていものと比べれば、

YouTubeはチープになってしまいます!

だからこそ、

YouTubeにはアイデアが重要視されます。

現に、深夜番組など低予算でも面白い番組が沢山ありますし、

カメラを止めるなや、

パラノーマルアクティビティなどの低予算でも、

ヒットする映画も沢山あります。

ぜひ、

ユーチューバーの方々には、

”深夜番組””低予算映画”を参考に、

低予算だから出来ること、

低予算の強みをみつけて、

あえてYouTubeだから出来ることをやって欲しいです。

原因⑤芸人の真似事をしている

ユーチューバーを見ていて、

一番見ていられないのが、

芸人のマネごとをしてる人です。

それって、

飲み会で芸人のマネをしてケタケタ笑っている大学生ノリで、

身内ウケでしかないんですよね。

 

ハッキリ言って、

芸人が見たければ芸人を見ますwww

 

僕ら視聴者が見たいのは、

芸人では出せない、

『素人感』

です!

 

ギャーギャーうるさいテレビでは見れない、

ゆる~い雰囲気、

一般人だから出せる人間味、

YouTubeならではのプライベート感、

素の部分。

これが見たいんです!

なのでわざわざ芸人のマネごとをするのは、

YouTubeの良さを殺してしまう

全くの逆効果な行為なのです。

原因⑥ユーチューバーという仕事に誇りを持ちすぎている

これは、完全に個人の意見なんですがw

ユーチューバーって、

勘違いしている人が多くないですか?

なんかタレント気分というか、

『みんなご存じの』感が凄いですよね。

しかも、

人気がない人ほどそれを感じます。

むしろ人気ある人ほど逆に謙虚。

やっぱ、

ユーチューバーだって人気商売で、

その人のことを好きにならなければ高評価しないし、

わざわざチャンネル登録なんてしません。

人間味がダイレクトに評価されるYouTubeだからこそ、

好かれる人間性が何よりも大事だと思いました。

まとめ

毎日ユーチューブを見ていて、

思ったことを書いていきました。

これからユーチューバーを目指す人は、

単純にこの逆をやればいいと思います。

 

ただ、これを書いていて気づいたことがありました!

それは、

YouTubeとテレビは全くの別物

だということ。

 

YouTubeとテレビを比べることは、

100均と高島屋を比べているようなもんで、

どっちが上とか下とかじゃなくて、

どっちにもいい所があるんですよね。

YouTubeは手軽に、見たいものがピンポイントで見つかるし、

TVは、クオリティも高くお金がかかっている分、万人にウケないといけない。

など。。。

なので、YouTubeにテレビのクオリティを求めること自体、

間違っていることに気づきました。

 

『ユーチューバーはつまらない』

と言っている人は、

テレビ感覚でユーチューバーを見てるからつまらなく感じているのであって、

テレビとYouTubeは完全に別物だと割り切ることがなにより大事だということです!

 

つまり、

ユーチューバーがつまらない、

とか思っていたのは、

結局は見てる側の問題なんだと思いました。

「Amazon本が読み放題」

に・・・

なったら最高だと思いませんか

ナントAmazon Kindle

電子辞書という裏技を使えば
月額980円
夢の読み放題が実現しやす!!

僕はこのAmazon Kindleを知った3秒で入会しましたw

『月に一冊は本を買う』

という本好きの人は、
これに入らない理由があったらメールください。

※もちろん上記の本も読めます!
↓↓↓

 

広告