【スーパースター】養成所中に・デビューしてすぐに売れた芸人一覧まとめ

ハイどーーもーー!ポテチを食べた手でコンタクトをつけるもんじです♪

 

「彼らは養成所の時から別格だったよ!」

 

若くして 在学中に 売れるのが早かった 芸人 コンビ

養成所の講師に聞くと、

今売れている、ほとんどの芸人はこう言われてます。

 

やっぱり本物のスターは、売れる前の養成所の時から輝きを放つものなんでしょうね。

そこで、今回は
今売れている芸人の中でも、特に売れるのが早かったスーパースターたちを紹介したいと思います。

広告

売れるのが早いスーパースター達

養成所の頃から名をとどろかせていた人物や、卒業後すぐに売れたコンビ、そして若くしてテレビで活躍した芸人を書いていきます。

キングコング(吉本興業)

”売れたのが早かった”と言えば、まず名前が上がるこのコンビ。

 

なんせ、在学中に『NHK上方漫才コンテスト』で優勝しているんですから!

 

それがどれくらい凄い事かというと、

この大会は中田カウスボタンやオール阪神巨人などの関西を代表する漫才師がこれまで優勝してきている、関西芸人の登竜門的な大会で、

その大会にまだ養成所生で、しかも弱冠19歳という若さで優勝するなんて、考えられないことなんです。

 

更には、卒業後すぐにはねるのトびらという大人気番組のレギュラーを獲得してますし、

M-1に芸歴2年目で決勝に進出したという記録はいまだに破られてません。

 

しかし残念ながら、ここまで早く売れてしまった代償か、

今や変な方向に突き抜けてしまって、まるで

ホームアローンで子役からハリウッドスターになったマコーレカルキン状態

になってしまっていますが、この記録が凄い事には変わりないです。

 

広告

オリエンタルラジオ(吉本興業)

大阪NSCがキンコンなら、東京NSCのスーパースターと言えばこのコンビ。

 

この2人も、在学中にはもう武勇伝のネタが出来上がっており

すでにM-1の準決勝に進出しています。

そして、卒業後すぐにネタ番組で大ブレイクし”史上最速”で冠番組をもった化け物コンビである。

 

アナクロニスティック(人力舎)

高校・大学の同級生でコンビを組んでいるコンビ。

スクールJCA在学中にキングオブコントの準決勝に進出するという大快挙を果たした大型新人。

これがどれくらい凄いかというと、

M-1は在学中に一回戦突破するコンビが10組、二回戦で2~3組くらいだけど、※これはNSCでなので、生徒数の少ない他事務所はもっと少ない

キングオブコントを在学中に一回戦突破するコンビはNSCでも1~2組いればいいほうで、

二回戦を突破するなんてまずありえない!

それを、準決勝まで在学中に行けるなんて、これまで誰もが成し遂げていない大記録です。

 

同事務所の先輩方は『人力舎始まって以来の天才』と絶賛しています。

また、人力舎は養成所卒業後に若手預かりの事務所に所属するのが一般的だが、彼らは飛び級で人力舎に所属している。

 

8.6秒バズーカ(吉本興業)

NSC卒業後にコンビを組んだ二人だが、

コンビを組んだ同年すぐに『ランスンゴレライ』で大ブレイク!

“笑いの殿堂”と呼ばれている大阪のNGKで単独ライブを、

結成わずか11ヶ月で行っており、これは『キングコング』が持っていた”結成2年6カ月”という記録を大きく塗り替え、史上最速記録を更新した。

また、単独DVDの発売もデビュー一年以内に発売するという最速記録も持っている。

 

ゆりやんレトリィバァ(吉本興業)

大阪NSCの卒業ライブでにて優勝を果たし、

優勝特典として、2013年4月の予定がすべて仕事で埋まっているスケジュール帳をもらった特待生

 

それだけではなく、卒業一ケ月後に『ロケみつ』という関西の人気番組のレギュラーに抜擢されるという快挙。

さらには、NHK上方漫才コンテスト(上記キングコング参照)にて史上初めて女性ピン芸人での優勝をし、

さらにさらに「女芸人No.1決定戦 THE W」の第一回大会でも優勝している。

【女芸人 THE W】個人の感想ブログ・ネタ批評・気になったころ

2017.12.14

あばれる君(ワタナベエンターテインメント)

特待生といえば、この人も。

大学生お笑いアマチュア選手権大会 「第2回笑樂祭」にて、特別賞受賞を受賞し

入学金無料でワタナベコメディースクールに入学し、

そのまま飛び級でワタナベエンターテインメントに所属しているエリート

卒業後すぐにテレビ出演も果たしており、

才能があれば売れる事を体現している一人です。

 

平野ノラ(ワタナベエンターテインメント)

Wikipediaによると、

ワタナベコメディスクールに13期生として2010年10月に入学し2011年9月卒業。
同スクール在学中の2010年12月にデビュー…

と書いてあるが、なにをもってデビューと言っているのかは不明だが、

在学中にデビューしたらしい笑

まー、今のバブリーネタでブレイクしたのが2013年なので、売れるたのは相当早いほうではある。

 

ロバート、インパルス、森三中(吉本興業)

俗にいう、華の4期生
※他には椿鬼奴やPOISON GIRL BANDがいる

森三中は、卒業してすぐにガキの使いの『ハイテンション ザ・ベストテン』

に出演を果たし、

ダウンタウンはもちろん、業界をザワつかせるほどの爪痕を残し、それがきっかけで大ブレイクした。

 

ロバートインパルスも、卒業後すぐに『新しい波8』という深夜番組に出演し、のちにこの番組が『はねるのトびら』という番組に名前を変え、

そのメンバーに両コンビとも選ばれ、若くしてコント番組レギュラーを持つという、売れる芸人のステータスともいえる異例の大抜擢を果たしている。

 

フースーヤ(吉本興業)

大学在学中に二人揃って大阪NSCに入学し、

卒業後すぐに『新しい波24』のオーディションに合格!

 

その時二人の年齢、弱冠22歳

そして同番組から火が付き、YouTube公式チャンネル

「フースーヤチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UC1tfnUVyVcByD7fbcIR8dTw/about

を開設するなど、

若者からの絶大なる人気を誇る。

 

ブルゾンちえみ(ワタナベエンターテインメント)

普通、ワタナベエンターテインメントに所属する芸人は、

『ワタナベコメディースクール』という芸人養成所に入学するのだけど、

ブルゾンは歌手や女優などを目指す『ワタナベエンターテインメントカレッジ』

http://www.we-school.net/wec/

を卒業している。

にもかかわらず、卒業後すぐにワタナベエンターテインメント所属になり

しかもすぐにテレビ出演を果たす。(初出演はパチFUN!という番組)

 

そしてその年のお正月に”おもしろ荘”に出て、例のアノねたを披露し大ブレイクした。

その勢いのまま、R-1決勝、24時間テレビのランナーに抜擢、流行語大賞、そして、ドラマの主要キャストの一人として女優デビューまで果たした!

今もなおスタートダッシュでそのまま止まることなく走り続けている状態です。

ブリリアン

ちなみに、with Bことブリリアンもブルゾンの後輩にあたるので、

卒業後すぐにブレイクしていると言える。

 

ハライチ(ワタナベエンターテインメント)

養成所在学中にM-1の3回戦に進出している。

オリラジやキンコンと比べると弱いけど、それでも相当凄い事!

 

その3年後にはしっかり決勝にも進出しているし、

なにより『2015タレント番組出演本数ランキング』で澤部は、458本に出演で3位に輝いている。

ということを考えると、デビューしていまだに売れ続けているという化け物コンビでせう。

 

厚切りジェイソン(ワタナベエンターテインメント)

養成所卒業後、3ヶ月で出演した『速報!有吉のお笑い大統領選挙』という番組でネタを披露し、ベッキーが大絶賛!

そこから、大ブレイクを果たし、

その一か月後のR-1グランプリでは決勝進出している。

 

もちろん、芸歴4ヶ月でのファイナリストは芸歴最短記録だし、外国人の決勝進出も初。

そして、翌年のR-1でも決勝進出しており2年連続のファイナリストとなった。

 

ハリセンボン(吉本興業)

東京NSCを卒業したのが2004年で、翌年の2005年『ゲンセキ』という番組で爪痕を残し、

週刊誌の『FLASH』で”久々に現れた大型女性コンビ”と特集を組まれた。

 

女性でM-1の決勝に2回進出しているのはハリセンボンだけで、

2012年にはついに『上半期タレント番組出演本数ランキング』で近藤は、318番組に出演し一位に輝いている。

 

なにより、僕は芸歴が近いので、ハリセンボンさんの在学中の逸話はしょっちゅう聞いていて、

ネタ合わせでは、二人が出てきただけで同期から笑いが起きていたらしい。

渡辺直美(吉本興業)

2006年に東京NSCを卒業後すぐに”ビヨンセ”のモノマネでTVデビュー!

そのまま大ブレイクして、1年目でなんとあの『笑っていいとも』の

”いいとも少女隊”

に大抜擢されてます。

今では、国内インスタフォロアー数350万人で第1位!

ドラマ単独主演!

そして、ワールドツアーの大成功と

名実ともに、女性芸人のトップランナーである。

 

ふかわりょう(ワタナベエンターテインメント)

慶應義塾大学の在学中の弱冠20歳にもう、TVにでて『小心者克服講座』という、あるあるネタ

で、大ブレイクしている!

デビュー当時は今みたいないじられキャラじゃなくて、

『シュールの貴公子』

とか、

『2代目松本人志』

とか”天才”みたいなあつかいを受けていました。

 

確かに、今見てもこのネタは色あせることなく面白いし、クオリティが高い。

これを20歳の大学生で考えたと思うと、確かに天才かもしれないですね。

 

天然素材メンバー

1991年に吉本所属の若手芸人たちで結成されたモンスターグループ。

そのメンバーが馬鹿みたいに凄い!

雨上がり決死隊(当時芸歴3年目)

FUJIWARA(当時芸歴2年目)

バッファロー吾郎(当時芸歴2年目)

ナインティナイン(当時芸歴1年目)

チュパチャップス※宮川大輔とほっしゃん。(当時芸歴1年目)

という、そうそうたるメンバーで構成されていて

芸歴3年未満の超若手にも関わらず、大人気グループだったという。

岡村曰く「ロンブー」「キンコン」「 オリラジ」「はんにゃ」以上に女性に人気があったらしい。

 

 

芸人も会社員も
”その他大勢”から抜きんでるのは結構至難の業です。
大事なのは『自分をブランド化』すること!!
これまでその辺のエキストラとしか扱われていなくて
損しているあなたも、
この本の禁断スキルを身に付けて
周りの評価を劇的にUPさせましょう!!
↓↓↓

 

 

 

まとめ

「芸人として一人前になるには10年かかる」

って言われていたのは一昔前の話し。

こうしてみると、吉本興業ワタナベエンターテインメントのようなパワーのある事務所が目立ちますよね?

ということは、ロケットスタートを切るためには、

やはり事務所の力は関係するって事っすね!


元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

 

 

 

 

 

広告

2 件のコメント

  • >田中さん
    すみません、侮辱してるつもりはないです。
    だってキングコングは凄い芸人だと思っているし、
    マコーレカルキンも凄い人です。ホームアローン大好きですもん!
    今は画家や歌手でも活動してますし。
    だから両方スーパースターですよ!
    ただの面白くない例えです。すみません。

  • キングコングをマコーレカルキン状態と揶揄するのは流石に失礼かと。面白くもないし、ただの侮辱ですよね?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です