【保存版】女芸人で売れる4つの方法!

ハイどーーもーー!子作りをデュエットと呼ぶもんじです♪

今や、どのチャンネル付けても

オアシズ大久保

いとうあさこ

森三中

椿鬼奴

渡辺直美

おかずクラブ

ハリセンボン

尼神インター

イモトアヤコ

柳原可奈子

友近

ゆりあんレトリィバァ

 

といった、女芸人が一人は出てます!

昔は、山田花子や山田邦子のような超希少生物だったのに

今や1番組に2組、

なんやったらドラマにまで出て主演を張っちゃってますからね!

もし20年前の人がタイムスリップしてきたら

スマートフォンの進化と女芸人の多さに腰を抜かすことでしょう。

 

そのくらい今や日本は、

女芸人第戦国時代に突入しています!

 

そこで、今回はそんな女芸人戦国時代を

勝ち抜いて行くための戦略をだしおしみなく書いていこうと思いまーす!
(長いです。4000文字越え)

 

広告

女芸人に求められるもの

まずはテレビにおいて、

女芸人は番組(プロデューサー)に何を求められて呼ばれているのでしょうか?

 

女芸人の役割をおおまかにいうと

 

ガス抜きです!

女芸人

例えば、アメトークのような芸人100%のバラエティ番組では、

 

全ての男芸人が何とか爪あとを残そうと、

全力でボケてきます!

 

もう、全盛期の田中将大バリの

明日の登板の事は考えてないと言わんばかりに

肩いわしても構わんという気持ちで、

全力投球を全員が投げ込んできます!

 

そりゃもう、現場はガスパンパン状態ですよ!

 

視聴者だって、

みんながみんな全力投球でブンブン放り込んでいたら

見ててしんどいでしょ

 

野球でも、いくらいい球でも

全部直球だと目が慣れてきます

 

スローボールや変化球があるからこそ、

決めの直球が活きてくるんです!!

 

だから、女芸人はそれでいうスローボール変化球にならないといけないのです!

 

芸人芸人した、秀逸なボケが=直球だとしたら

その逆の

スローボール素人のようなゆるいコメント

です。

 

パンパンに張り詰めた芸人だらけの

バラエティ番組では、このスローボールが欲しくなるんです

 

例えば、

この前見たアメトーク「トリオ芸人」にて

東京03の豊本がラインで不倫相手に

 

「お尻舐めたい」

 

と送った事に対して

MCから

 

「大島どう思う?」

 

と、豊本の隣に座ってる森三中・大島に振ると

 

大島「隣に座るのもイヤよね〜」

 

と、急に奥様モードになって、

横にいる村上と井戸端会議してる風に切り返しました。

 

この一言はまさに

男芸人には絶対に出来ない

素人の奥様の意見風で切り返しです。

 

このように、

フッとガスを抜くような、

女芸人には女芸人にしか出来ない、

女目線からの意見、

そして、芸人芸人した気の利いたボケよりも

作られてない自然体の言葉を求められて打線に組み込まれています。

 

「男には出来ない穴を埋める!」

 

という考え方が必要ななのです ←重要

 

バラエティ番組はチームプレイです!

 

TV業界では、

4番バッターばかり並べてはいけない!

というのはよく言われていることです。

 

なので、求められている役割をしっかり理解して

その役目をきっちり果たしてくれる人を欲しがるのです!

 

広告

女芸人の売れる条件

では、女芸人が売れるためには何が必要なのか?

 

それは

①分かりやすいキャラ

②笑われることの覚悟

③ストイックさ(芸人愛)

④自分を隠さない

 

 

この4つだけ!!

 

でもとてもとても難しい4つです。

 

では一つ一つ見ていきましょ!

 

①分かりやすいキャラ

記事の最初にも書いた、今売れている芸人の名前を見てください!

全員

『この人は○○キャラ!』

と、一言で説明できませんか?

 

オアシズ大久保→下ネタ欲情ババア

いとうあさこ→はしゃいじゃうババア

渡辺直美→歌って踊れるオシャレデブ

ハリセンボン→似てるものが多いくせに絶対に否定する人

柳原可奈子→女のイヤな部分を代弁してくれる女版尾崎豊

イモトアヤコ→おんな版照英

オカリナ→オーパーツ

 

ほら?

まー、ここまで売れっ子になるとキャラは一つだけではないけど、

明確な○○キャラというものは皆んなもってますよね?

 

これは女芸人が、

自ら喋りで笑わせるよりも、

自分のキャラをいじられて周りから笑いにしてもらう事が多いからです!

 

そのためには明確なキャラ(出来れば見た目で一発で分かりやすければなお良し!)が必要なんです。

 

ただ、ここでまた一つ注意点が!

 

それは、

作られたキャラじゃなくて、

ちゃんと自分の中にある、

ありのままの人間性であること!

 

キャラを無理やり演じてはいけません。

 

例えばにしおかすみこはSMの嬢王様キャラでしたが、

いざネタ以外の番組に出た時は

フツーの女の子でしたよね?

 

まー、最初のうちは

「全然嬢王様ちゃうやん」

ていじられてたけど、そんなの一過性の笑いです。

 

だから、キャラは多少のデフォルメはしてもいいけど

自分の中にある人間力で勝負にしましょう!

 

②笑われることの覚悟

先ほどの項目でも言ったけど、女芸人は誰かにいじられて笑いを取ることが役割です。

 

これを言うと男尊女卑だの、

笑われるじゃなく笑わせたい!

って言ってくる人もいます。

 

でも気持ちは分かりますが、

残念ながらそこの席は男芸人で満席です。

 

だからわざわざそんなギューギューの満員車両に乗らなくても、

女性専用車両という特別車両があるんだから、

そこで空いている席に座りましょうよ!←うまい例え!

 

確かに芸人になったからには、

さんまさんのように笑わせたい!

という夢は持ちますが、

いじられて確実に笑いを取る、

ということも、めちゃくちゃ難しくて腕が必要です。

 

しかも、いくらさんまさんでも、

その笑われる存在(ショージさん、寛平さん、ばんちゃん)

がいなければ番組を成立させることは難しいんだから、

とても重要な役割だと誇りをもちましょ!

だから

 

余計なプライドは捨て笑われる覚悟を持ちましよう!

 

でも、そう簡単に笑われる覚悟と言われても難しいもんです。

 

なぜなら…

女性は美意識が高い生き物だから。

 

男よりも見た目いじりに対しての免疫が低くて、

メンタルに想像以上にきます。

 

笑われる覚悟とは、

ブスとかデブとか罵倒される事を受け入れて、

その罵倒を笑いに変えるメンタルの強さのことです。

 

これは簡単なことではない。

 

なんせ自分の1番のコンプレックスをさらけ出し、

さらにそこを罵られて、平気な顔をしなければいけない。

 

こんなこと、その辺の女の子では耐えられるはずがないです!

女芸人だからって、女ですからね。

芸人と付くだけで性別が変わるわけではないんですから。

 

でもそれを今の売れている女芸人の方々はやってのけているんですよね~!マジリスペクト

 

アジアンの隅田さんがブスいじりが婚活の邪魔になると、

芸人活動を控えていた

という有名な話がありますが、

それを根性がないと叩く人がいるけど、

あれが普通の反応ですからね

見た目をいじられて、

それでも笑っていられるあの人たちが異常なだけです。

それくらい女芸人には強い覚悟が必要なんです。

 

③ストイックさ(芸人愛)

これも前項と似てますが、女芸人で成功するには

 

どれだけお笑い芸人という仕事に対してストイックになれるかが超大事です!

 

『そんなの芸人になるんだから当たり前じゃん!』

 

て、思うかもしれんけど

養成所に入ってくる99.9割はこの覚悟が出来てません!

 

メイクもバッチリして来て、

男と楽しくキャピキャピ話してるし、

心のどこかで可愛く見られたいという、気持ちがどこか捨てきれてません。

 

NSCに入って来る女子は確かにお笑いは大好きです。

メチャメチャ詳しいし、

「売れたいという気持ちはある!」

ってそりゃ言うでしょうよ。

 

でも、思ってるだけじゃダメです!

 

その気持ちの強さは行動で示さないとダメなんです!

思うことは誰でも出来るし誰でもやってます!

売れたくない人はNSCにきませんから。

 

じゃあ売れたい気持ちを行動に表すとはどういうことでしょう?

それは

笑ってもらえる事だけを選択し続けること

です。

 

どういうことか?

 

例えば、普段はコンタクトでも

メガネをかけることで地味な女の子感が出て、

より面白くなるなら、

そちらを選択しないといけない。

 

メイクすれば多少いい女になってしまうけど、

すっぴんだと笑われてしまうのなら

喜んですっぴんで舞台の上に立たないといけない!

 

エラが張ってる事でいじられるのなら、

喜んでエラが見えやすいボブヘアーで強調する!

 

体がだらしないのなら、

あえてボディーラインが分かりやすい服を選ぶ。

 

ようは、

よく見られるよりも

 

笑ってもらえる方を選ばないといけないんです。

 

これは思っている以上に、

女性にとってはめちゃくちゃ酷な事です。ほぼ地獄です。

 

でも、芸人愛があれば乗り越えられるはずなんです。

 

イモトアヤコがアイガー登山できたことも、

彼女が芸人愛が強かったからこそ出来ることです。

 

あんな鼻水は出るわ

登山中のブスな顔をさらけ出さないといけないわ、

なんだったら死ぬ危険性もある挑戦に挑んだのは

女芸人である証しです!

 

あの芸人愛人々の心を打つんです。

そんな視聴者の心を動かせる人間を

プロデューサーはほっとくわけ無いんです。

だからテレビに出続けられる。

 

なので、

女よりも笑いを迷わず選択肢続けられれば

女性から→女芸人

になれたといえるんだと思います。

 

それが芸人愛を行動で示すと言うことです。

 

④自分を隠さない

4つ目も、女性にとってはとても酷なことなんですが、

 

人の目(批判)を気にせずに自分を出すということ!

 

女芸人をテレビで見ていると、

男の芸人と比べてとても自然体だと思いませんか?

 

例えば男だと

そこは「芸人としてボケるだろう」!

という場面も

平気な顔で凄く自然体に振舞ってます。

 

男芸人が漫才や大喜利などでしのぎを削っている時に、

女芸人は料理してみたり、

ダンス踊ってみたり

酒飲んで歌うたって子育てして婚活して山登って、、、

やりたい放題です!

 

でも、女芸人はそこが面白いんです。

 

自分の中にある欲求を包み隠さずさらけ出すことで

笑いに繋げているんです。

 

だから女芸人は、

あえて芸人芸人しないで、

泣きたい時は泣いて

酔っ払う時は酔っ払って、

欲望剥き出しの方が人間として面白くなんるです

 

逆に芸人を意識しすぎて自分をさらけ出さないと、

Aマッソのようにあんなにネタが面白いのに

なにか掴み所がない、とっつきにくい、面白味が滲み出てこないんですよね!

 

スパイクもまだ芸人芸人して、

笑わせてやろう!感が強いのでもう1つ伸び悩んでます。

 

女芸人は芸人芸人しない!!

それは男がやります!

 

だから「私は女芸人だ!」と意気込まずに、

自分の中の面白い部分を解き放つ!

 

笑わそうと頑張ってキャラ作り上げるんじゃなく

自分を隠さずに自然体で勝負しよう!

 

 

俺が女芸人だったら、
絶対このバイトしてる!!

バイトとネタ作りの両立!
しかも高収入ときたもんだ!

女って…ずるい。

↓↓↓


 

まとめ

女芸人として売れ続ける←ここ大事

 

分かりやすいキャラ

笑われることの覚悟

ストイックさ(芸人愛)

自分を隠さない

 

が、マスト条件!

 

とか、偉そうに言ってきたけど

売れるきっかけは

女芸人も男と同じく

ネタですw

でも、、男と違って

ネタは面白くなくていいから、

ただガムシャラに、目に留めてもらうためのきっかけとして、

自分の面白さ(キャラ)を伝えるツールと考えてネタ作りを考えましょう!元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

広告
女芸人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です