お笑い養成所での発声のレッスンは効果があるのか?

ハイどーーもーー!迷彩柄の服を気安く着れないもんじです♪

 

あなたは

お笑い養成所の授業といえばまず何を思い浮かべますか?

 

そうですね、

 

 

発声レッスンですね♪

 

芸人にとって発声/滑舌がとてつもなく大事と言うのは、素人でも知っています。

 

そのため、どこのお笑い養成所でも必ず授業に組み込まれている

 

ザ・レッスンって言っていいほど基本の授業、それが

 

『発声レッスン』

 

今回はそんな王道レッスンである発声の授業内容をだしおしみなく解説していきます

 

これを読めばどんだけ芸人にとって発声レッスンが大事か
そして、レッスンをより効率的に自分のものにするためのコツが分かります!

 

広告

発声レッスンの流れ

まずは、いつものように

発声レッスンの流れから説明します。

 

まず、先生が壁際の真ん中に立って

それに向かって綺麗に一列に並んでスタンバイします!

 

あとはアシスタントのお手本の後に続いて

 

『あ!え!い!う!え!お!あ!お!あ!』

と、続けます!

 

発声上達のコツ

お腹から

大声で

・1文字づつハキハキと

・20m前にいる人に届けるように

 

この4つを気を付けながら、全員で声を出します。

 

んで、またアシスタントが

『か!け!き!く!け!こ!か!こ!か!』

 

というように、50音順にワ行まで繰り返すって感じ。

 

それが終わると、巻き舌でら行バージョン、とか変化をつけていく。

 

次に、発声練習といえばでおなじみ早口言葉
これまたスタッフの後に続いて同じように繰り返す。

 

そして、後半は発声には欠かせない筋肉である腹筋背筋を3種類ずつ

全員でフンフン言いながらやります。
結構ガチでやるから、これが嫌で来なくなる人もいるくらいキツい…

これが、基本的な授業の流れです!

 

それに加えて、山手線線の駅名を滑舌良く大声で言うとか

ドリフの早口言葉の音楽に合わせて一人一人リレー方式で言って行くやつなど、

マンネリしないように工夫はしてくれているけど、結構退屈な授業です。

 

でも笑い要素は全然ないし、筋トレはしんどいけど

みんな壁の薄いボロアパートで毎日ヒソヒソ暮らしているから、

大声で叫べる貴重な時間なので気持ちいいですよ\(^o^)/

広告

やはり発声と滑舌は芸人の命!!

退屈な授業だけに、

『こんなことしてなんか意味あんのかよ~』

と、在学中は思ってしまいます。

 

でも、

お笑い芸人にとって声というものはちょ〜〜大事な”商売道具”です!

 

その商売道具である声が

・枯れてしまったり

・小さかったり

・滑舌がききとりづらかったら

 

どんなに面白い事を言っても、聞き取れなければ笑いは取れません!

 

この話をすると

三四郎とかスリムクラブとかを例に出して逃げようとする人いるけど

あれは特例ですからね!

 

あの人たちはあくまで面白いから売れたのであって、

彼らの武器は滑舌が悪いだけじゃないですから。

 

芸人は、絶対に滑舌がいいに越したことはないです

滑舌悪いことをネタにして笑ってもらえるのは最初だけです。

 

僕はルミネやライブなど、生で芸人のネタを見るのが好きなので
いっぱい見てきたけど、

生で見ていつも感心するの声の通りが素人と全然違う!!

ということ。

 

例えば
あべこうじみたいに、別に叫んでいるわけでもなく、独り言みたいに話してるのに後ろまで届く声(不思議)

ウーマンラッシュアワー村本もメッチャ早口なのに一文字一文字全部ちゃんと聞き取れるあの滑舌(しかも噛まない)

 

ああいうのを見るとまさにプロだな〜 っちゅー感じですね♪

テレビではなく生でネタを見るとそれがにょじつに分かるので

みなさんも是非でお笑いをみて、プロの発声に注目してみたら

発声の授業の重要さが分かるんじゃないかと思います。

広告

発声や滑舌はそんな一年では成長しない

とはゆーたものの、

発声の授業を受けたくらいですぐに声が良くなるわけではありません!

 

なんだって、そうですが

プロになるにはやはりある程度の年月が必要です(´・ω・`)

 

ですから、

この発声の授業では、声を出すノウハウを学ぶ授業ととらえましょう

 

・どうすれば声が枯れにくくなるのか

・より遠くに声を飛ばす方法

・滑舌が良くなる練習法

 

などのやり方をここで覚えておいて

 

卒業後もそれを続けていくことで

 

ようやくプロの発声人の心を動かす声何時間話し続けても枯れない声の出し方
というものが身に付くんじゃないでしょうか?

 

 

家に帰っても、
養成所卒業しても、
自宅でボイトレしよう!!
声が変われば、ネタのウケが変わります!
コレ本当です。
↓↓↓


 

 

 

まとめ

 

①プロと素人の大きな違いは発声にある!

 

生で芸人を見てみよう!プロの発声を体感する。

 

③ノウハウを覚えておいて、卒業しても継続してその発声方法でネタに取り入れる事が大事!
元芸人もんじのネタ帳~だしおしみなく~

 

 

 

 

 

広告
ダンスレッスン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です